古い物その2

本棚を整理していたら古い本に出会った。
記憶を辿ると、約35年前に購入した本である事を思い出す。
黒い漆塗りの本は、「春琴抄」谷崎潤一郎著と
「日本アルプス」小島烏水著、もう一つは「我が輩は猫である」夏目漱石著。
懐かしさに見入る、購入当時はあまり感じなかった本の装丁や挿絵、紙質など
まるで工芸品の様である。現代では珍しい袋綴や、天金など
書物に対する想いの強さを感ずる。
今の書物にはない味を感じた。
古い物その2_f0191999_18505156.jpg
古い物その2_f0191999_185147.jpg

by kenchikukeikaku | 2009-03-05 18:53 | 仕事じゃないこと

石川県金沢市で建物を作りながら思う、日々の事


by kenchikukeikaku